海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 再配達の手間をなくす! 在宅時間に荷物が届くアプリ「TODOCU」、東京都一部地域で提供開始。

Tech

再配達の手間をなくす! 在宅時間に荷物が届くアプリ「TODOCU」、東京都一部地域で提供開始。

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
再配達は依頼する側も配達する側も手間がかかる。そこで、207株式会社は、再配達依頼いらずで荷物を受け取れるようになるアプリ「TODOCU」の提供を、東京都一部地域で開始した。

利用者の在宅時間を把握できるシステム

近年、インターネットで買い物することがかなり浸透し、利便性があがる一方で、宅配業界では人材不足や人件費高騰などに頭を抱えているのが「再配達問題」だ。

同社は、テクノロジーにより、荷物を受け取る利用者の在宅時間を把握し、再配達依頼を減らせるアプリ「TODOCU」を開発。このたび、東京都の一部地域(品川区・目黒区・大田区)にて利用可能となった。

同サービスは、「再配達のムダをなくすこと」をコンセプトにした国内初のサービスだ。利用者(荷物を受け取る人)が在宅中か外出中かを把握し、一度の訪問で荷物を配達することが可能となる。

利用者が在宅中か否かを知る方法は2通り。ひとつは、スマホのGPSを利用する「在宅自動判定モード」。もうひとつは、位置情報を知られることに抵抗がある人向けに、配達員が自宅近くに到着するとアプリへのプッシュ通知で知らせ、「在宅」と回答することで配達される「アナログ回答モード」だ。

再配達に関する問題解決に向けて

同社は、これまで夜間(21時~25時)の受け取りを可能にするサービスを展開しており、その中で、物流会社や利用者の課題に目を向けた。

物流会社においては、再配達にかかるコストが年間2200億円にもなるうえ、再配達によって排出されているCO2が年間排出量の1%にもあたる年間42万トンという見直すべき数字となっている。利用者においては、再配達依頼、配達時間指定、指定時間内の待機といった手間や時間がかかる点が課題である。

こういった課題を解決するために、「TODOCU」の開発に乗り出し、リリースに至った。同社は、物流会社と利用者、双方の課題解決にむけたマッチング領域は、社会的な課題を解決する大きなチャンスのある市場だと捉え、今後も再配達のムダをなくすことを目標に、同サービスの全国展開を目指していくとのこと。

本サービスが普及すれば、物流会社・利用者・環境の問題が解決へ向かうかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報