海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ズボンを叩くだけで音楽が作れるウェアラブルツール「DrumPants」登場

Tech

ズボンを叩くだけで音楽が作れるウェアラブルツール「DrumPants」登場

音楽愛好家の中には、ヘッドフォンをつけて音楽を聴いていると、リズムに乗ってついつい体が動いてしまうなんていう人もいるかもしれない。特にドラムのビートなどパーカッションパートが好きなら、いつでもどこでも音楽がつくれるウェア...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
DrumPants音楽愛好家の中には、ヘッドフォンをつけて音楽を聴いていると、リズムに乗ってついつい体が動いてしまうなんていう人もいるかもしれない。特にドラムのビートなどパーカッションパートが好きなら、いつでもどこでも音楽がつくれるウェアラブルツール「DrumPants」はいかがだろう。

ユーザーはズボンの下にセンサーキットを装着し、自分の脚をたたくことで電子音を生じさせることができる。ドラム、パーカッション、シンセサイザー、ギター、ピアノなど、100以上の音源が内蔵されていて、ヘッドフォンジャックと外部スピーカーの接続機能を保有している。

「DrumPants」のセンサーはとても薄く、洋服の下に身につけるのに支障がないよう配慮されている。このセンサーは太もも部分につけるものと、足部分につけるものの2つがあり、太ももをタップして音を鳴らしたり、フットペダルとして機能する。

センサーはコントロールボックスに接続しており、Bluetoothを通じて、iPadやiPhone、Android、デスクトップなどのアプリにデータが送信されるようになっていて、MIDI、OSCに対応している。また、「DM1」や「Loopy」などの既存の音楽制作アプリにも対応しており、フットペダルの機能を使うことで、鳴らした音楽を録音し、音楽のループ部分を作成することも可能だ。

資金調達プラットフォームKickstarterで、目標額の2倍以上となる74000ドルの資金を集めたこのウェアラブルキットは、公式サイトにて99.99ドルでプレオーダーを受付中。通常のドラムは持ち運びするには大きすぎるし、自宅に置いておくのもスペースをとってしまう。「DrumPants」ならスペース要らずで、場所を選ばずにビートを鳴らして演奏を楽しめる。ドラム演奏やDTMに興味があるなら、このユニークなツールを活用してみては。

DrumPants
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報