海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech OrigamiとOKB、岐阜協立大学に「Origami Pay」導入で、スマートキャンパス実現をサポート!

Tech

OrigamiとOKB、岐阜協立大学に「Origami Pay」導入で、スマートキャンパス実現をサポート!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Origamiと大垣共立銀行(OKB)は、岐阜協立大学内に「Origami Pay」を導入し、キャンパス内の完全キャッシュレス化に向けたサポートを開始した。

スマートキャンパス化で学生のITリテラシーを育む

同大学は、学生のITリテラシー向上を目的とし、ICTによるスマートキャンパス化を決定。その取り組みに賛同したOrigamiとOKBは、学生がキッシュレス決済に触れ、キャッシュレス知識の底上げに繋がるようにと、OKBのグループ会社であり金融サービスの一翼を担う株式会社OKBペイメントプラットを通じ、スマホ決済サービス「Origami Pay」を導入した。ちなみに、大学への「Origami Pay」の導入は全国初となる。

第1弾として、キャンパス内の窓口に設置したQRコードを読み取ることで、証明書発行手数料、資格試験受験料、実習料などを納付できる環境を整備。今後は、学生食堂や売店などにも拡大し、学内の完全キャッシュレス化を目指す。

地方にもキャッシュレス化を

Origamiは、「お金、決済、商いの未来を創造する」というミッションを掲げ、キャッシュレスを実現するモバイルにおける金融プラットフォームを提供している。

全国のコンビニ、ファストフード、タクシー、百貨店や地域の小売・サービス業などへ「Origami Pay」の導入が広がる中、2019年1月にOKBと包括業務提携を締結。今後は、両社とも地域のキャッシュレス化と地方創生を目指し活動していくとのこと。

今後の両社の活動がITリテラシーの格差を軽減してくれると期待したい。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報