海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 脳信号で外骨格スーツを制御、四肢麻痺の患者が歩けるように

Tech

脳信号で外骨格スーツを制御、四肢麻痺の患者が歩けるように

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
身体に不自由を抱える人がテクノロジーの力を借りて生活の質を取り戻すという例が、技術の発達により近年増えてきている。そして今回発表されたのは、四肢麻痺の患者が脳信号で外骨格スーツを制御して歩行するという技術。

研究チームは、実用化はまだ先になるとしながらも、四肢麻痺を抱える患者にとっては大きな希望となりそうだ。

・脳信号をキャッチ・伝達

研究結果を発表したのはフランスのグルノーブルアルプス大学のチーム。四肢麻痺の男性の頭骨にディスク型のワイヤレスセンサーをインプラントし、男性の脳信号をキャッチして外骨格スーツに送るようにした。

簡単にいうと、男性が考えることで外骨格スーツが動き、これにより歩くという行為が可能になるというもの。

・動作のイメージ訓練

実際にはまず、男性が手足を動かそうとするときに脳のどの部分が活発になるのかといったマッピングを実施。そして男性は、コンピューター上のアバターを使って「歩く」「ものを手で触る」といった動作をイメージする訓練を受けた。

その結果、装着した重さ65キロもある外骨格スーツを制御して歩くことができたという。

男性が倒れないよう、天井から吊ったハーネスでサポートをする必要があるなど、このシステムはまだ完全ではない。それでも開発チームは「麻痺を抱える人の生活の質を向上させることができる技術」としている。

研究結果は専門誌「Lancet Neurology」に掲載された。

Lancet Neurology
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報