海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ドローン配送を大規模展開へ! UPSが連邦航空局から認可を取得

Tech

ドローン配送を大規模展開へ! UPSが連邦航空局から認可を取得

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米大手運送会社のUPSは、同社子会社のUPS Flight Forwardが米連邦航空局(FAA)からドローン配送サービスの拡大を認められたと発表した。

これまで、テスト配送を展開してきたが、今後は必要に応じて好きなだけ飛ばすことができ、重量物の配送も可能になる。

・夜間飛行も可能に

米国における全てのドローン配送は、FAAの認可を取得する必要がある。今回、UPSに下りたのは「Part 135 Standard」という認可で、基本的にドローン運用に関する制限がないものになる。

具体的には、これまでできなかったオペレーターの視界外での飛行や、重さ55ポンド(約25キロ)以上のものの運搬、夜間の運用も可能になる。また、運用回数にも制限はない。

・まずは医療向け

とはいえ、いきなり民家の玄関先にUPSドローンで荷物が届けられるようになるわけではなさそう。

テストでも展開してきたが、まずは医療用品などを病院に届ける医療機関向け配送ネットワークの構築を想定している。医療分野では一刻を争うこともあるが、地上で配送するには時間がかかる、あるいは時間が読めないという状況で特に威力を発揮する。

一方で、Alphabet傘下のWingがヴァージニア州でドローンを活用しての民家への配送を間もなく開始することを考えると、UPSも同様のサービスを展開する可能性は十分にありそうだ。

ドローン配送はAmazonやUberなども視野に入れていて、今後さらなる新規参入も見込まれている。

UPS

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報