海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech リアルな触感!柔らかい人工皮膚をスイスの大学が開発

Tech

リアルな触感!柔らかい人工皮膚をスイスの大学が開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
触覚は私たちの五感のひとつであり、モノを知覚するのに重要な役割を果たす。今回、スイス連邦工科大学ローザンヌ校の研究チームが、シリコンと電極でできた、リアルな触感をもつ柔らかい人工皮膚を開発した。

・アクチュエータとソフトセンサーを使用

この人工皮膚は、空気圧アクチュエータとソフトセンサーのシステムを使用し、着用者の指の形状に正確に適合して、圧力と振動の形で触覚フィードバックを提供してくれる。

空気圧アクチュエータは、さまざまな圧力と周波数に合わせて調整でき、アクチュエータが形成する膜層が膨張収縮すると、皮膚が振動する。

そして、膜層の上にある柔らかい電極を含むセンサー層は、以下の働きをする。電極が皮膚の変形を連続的に測定して、データをマイクロコントローラーに送信すると、マイクロコントローラーが着用者の動きや外的要因の変化に応じて着用者に送信する感覚を微調整するのだ。

・リハビリや仮想現実と拡張現実のアプリケーション向けの開発を予定

この人工皮膚は最大100万回、元の長さの4倍まで伸ばすことができ、医療分野などにおけるウェアラブルアプリケーションに最適だという。

現在、科学者らは人工皮膚を指でテストしながら、技術改善を行っている。今後は、リハビリテーションや仮想現実と拡張現実のアプリケーション向けに完全にウェアラブルなプロトタイプを開発していく予定。

EPFL
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報