海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 生産者直送のオンラインマルシェ「食べチョク」が2億円の資金調達、マーケと採用を強化へ。元陸上選手の為末大氏も参画!

Enterprise

生産者直送のオンラインマルシェ「食べチョク」が2億円の資金調達、マーケと採用を強化へ。元陸上選手の為末大氏も参画!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
先日Techable(テッカブル)でも紹介した、こだわり生産者のオンラインマルシェ「食べチョク」を提供する株式会社ビビッドガーデンが、このたび2億円の資金調達を実施した。

・「食べチョク」運営会社のビビッドガーデン、2億円の資金調達

同社は、マネックスベンチャーズ、神明ホールディングス、iSGS、VOYAGE VENTURES、DeNAの5社と松本龍祐氏、元陸上選手の為末大氏、野崎良博氏などの個人投資家を引受先とした2億円の第三者割当増資を実施。調達資金は、さらなる顧客獲得のためのマーケティング及び採用の強化に充てられるという。

「食べチョク」は、こだわり生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェ。オンライン上で野菜や肉、魚、ワインなど、生産者から直接商品を購入することができるサービスだ。

自分の好みに合う生産者を選んでくれる 「食べチョクコンシェルジュ」、友達と分けあえる「共同購入」の機能のほか、販売前に商品を取り置きできる予約機能など、 様々な買い方を選択できる。

登録生産者は500軒を突破し、個人や飲食店の利用者も右肩上がりで増加しているという。先述のとおり、2019年からは肉や魚、酒の取り扱いもスタートし、こだわり食材の総合マーケットプレイスとして広く展開している。

・調達資金は、新規顧客獲得のためのマーケティング、人材の採用強化に

今回の資金調達により、一次生産者の販路を広げる「食べチョク」の仕組みを、より多くの生産者に利用してもらえるよう、新規顧客獲得のためのマーケティング強化や、幹部人材・開発人材の採用強化につかわれる予定だ。

今回の資金調達の新規引受先には、マネックスベンチャーズ株式会社、株式会社ディー・エヌ・エーなどの著名な会社のほか、元陸上選手の為末大氏といった個人投資家も加わっている。

「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長の秋元 里奈氏は、次のようにコメント。
私たちは、生産者のこだわりが正当に評価され、作り手が「正しく」儲かる世界を目指しています。農業は課題の多い領域ですが、言い換えれば非常に伸び代の大きい領域です。日本の農業の可能性を広げるためにも、より一層力強く、スピード感ある事業展開をして参ります。

日々心血を注いで農産物や畜産物を育てている生産者たちを支える「食べチョク」。今後の展開を見守りたい。

食べチョク
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報