海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 自動運転コンセプトトラック「Scania AXL」は運転席なし!鉱山や大規模建設現場に最適

Tech

自動運転コンセプトトラック「Scania AXL」は運転席なし!鉱山や大規模建設現場に最適

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、輸送の合理化と、さらなる持続可能性を求めて、自動運転技術が大きな進歩を遂げている。そして今回、スウェーデンのScania社が自動運転コンセプトトラック「Scania AXL」を発表した。

・運転席がない完全自律型のコンセプトトラック

Scania AXLの一番の特徴は、運転席がないこと。完全自律型のコンセプトトラックで、インテリジェントな制御環境によって操作監視される。

Scania社は、適切に管理された鉱山や大規模な工事現場は、堅牢で強力な機能を持つScania AXLの自動運転パイロット技術に適した場所であると考える。鉱山ではScania AXLは、車両に実行方法を指示するロジスティクスシステムによって自律運転が行われる。そして、燃焼エンジンは再生可能なバイオ燃料によって駆動。

・未来のスマート輸送システムの大きな一歩

「我々は、自動運転車の未来のスマート輸送システムに向けて大きな一歩を踏み出した。いま利用できる技術で何ができるかを実証するために、コンセプトの構築とパイロットを行っている。自動運転車の開発にあたって、まだすべての答えは出ていないが、我々は新境地を切り開きながら、とても速いスピードで学んでいる最中だ。」とScania社のCEOである Henrik Henriksson氏は語っている。

Scania
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報