海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise マクドナルドが代替肉を使ったハンバーガーをカナダで試験的に販売

Enterprise

マクドナルドが代替肉を使ったハンバーガーをカナダで試験的に販売

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大手ファストフードチェーンのマクドナルド(McDonald's)は、2019年9月、植物由来の代替肉パティを使ったハンバーガーをカナダで試験的に販売することを明らかにした。

・代替肉を使ったハンバーガーをカナダで試験的に販売

「BLTバーガー」になぞらえ、プラント(植物)、レタス、トマトの頭文字をとって「PLTバーガー」と名付けられたこの代替肉バーガーには、代替肉を開発・製造する米スタートアップ企業Beyond Meat(ビヨンド・ミート)がマクドナルドに向けて特別に開発した代替肉パティを採用。

着色料や保存料、人工調味料を一切使用せず、マクドナルドの利用客の好みに合わせて、食肉と同様のジューシーな食感や味を再現しているのが特徴だ。

「PLTバーガー」の価格は、6.49カナダドル(約530円)。

2019年9月30日から12週間にわたって、オンタリオ州南西部の28店舗で試験的に販売する計画だ。

・ファストフードチェーンで代替肉の活用が広がる

最近、大手ファストフードチェーンで、代替肉を活用しようという試みが相次いでいる。

ハンバーガーチェーンのバーガーキング(Burger King)は、代替肉を開発・製造するImpossible Foods(インポッシブル・フーズ)との提携のもと、代替肉パティを使ったハンバーガー「Impossible WHOPPER」を2019年8月から米国全土で正式に発売。

フライドチキンを主力商品とするファストフードチェーンのケンタッキーフライドチキン(KFC)でも、Beyond Meatと提携し、2019年8月27日、代替肉を使ったフライドチキン「Beyond Fried Chicken」を1日限定で試験的に販売した。

消費者の健康志向が高まるなか、ファストフード業界において、代替肉が着実に広がりつつあるようだ。(文 松岡由希子)

McDonald's
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報