海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up サブスクリプション限定のEV乗車サービス「Canoo」が車両を初公開

Start Up

サブスクリプション限定のEV乗車サービス「Canoo」が車両を初公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車は、化石燃料から電気へ、個人所有からシェアへ、そしてドライバーによる運転から自動運転へと変わろうとしている。

そうした大きな変化を取り込んだサービスを展開しようとしているのが米企業Canooだ。2021年からEV(電気自動車)サブスクリプションサービスの提供を目指している同社はこのほど、使用する車両を初公開した。

・くつろぎながら移動

CanooはEV企業と呼ばれることがあるが、実際にはEVを製造しているわけではなく、外注したEVを使ったサブスクリプションサービスの展開に特化する。

公開した車両はポッド状で、7人乗り。車内空間が最大になるように設計され、座席もソファのようにくつろげるものとなっている。空調や音楽などは乗客がアプリから操作できる。

基本的には人が運転するが、カメラ7台、超音波センサー12台などによる高度なアシスタント機能を搭載し、快適で安全なドライブになるとのこと。

・BMW出身3人が共同設立

車のサブスクリプションサービスは大手車メーカーも取り組んでいるが、サブスクリプションに限定したEVサービスはCanooが世界初となるという。

まだ日本では名前が知られていないCanooだが、BMW出身の3人が共同で設立し、今年10億ドル(約1076億円)もの巨額資金を調達した、米国では注目の新興企業だ。

Canooは間もなくテストを開始し、2021年にまずは米国ロサンゼルスでサービスを提供したい考えだ。

Canoo

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報