海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ポモドーロタイマーにもなるスマホプリンタ「P2S」が登場!

Tech

ポモドーロタイマーにもなるスマホプリンタ「P2S」が登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホから写真やテキストをプリントできるモバイルプリンタは1台持っておくと便利だろう。付箋をプリントしてリマインダーにできるほか、メモやQRコードをプリントして人に渡したりもできる。

Indiegogoに登場した「P2S」は、高解像度での印刷を可能にし、ユニークな機能としては時計がついている。プリンタと時計がセットになることで、生産性が高められそうな同プロダクトについて見ていこう。

・インク不要で充電式のモバイルプリンタ

感熱紙を利用してインクなしプリントを実現するスマホプリンタは、軽いし小さいのでどこにでも携帯できる。充電式の「P2S」なら、コードを持ち歩く必要もなくコンセントの場所を気にする必要もない。

思い立ったときに素早くプリントできて、数秒でプリントアウトが完了するので、備忘録やアイデアのプレゼンなんかに最適だ。モノクロではあるが解像度は300dpiとまずまず。写真付きのメモがすぐに作成できる。

Bluetooth 4.0でスマホに接続して使う。iOS/Android用のアプリがダウンロードできて、こちらから手軽に設定/コントロールできそうだ。

ToDoリスト+ポモドーロタイマーが使える

P2S」が特徴的なのはオールインワンモバイルプリンタを謳っている点。なにがオールインワンかといえば、時計が備わっていることだ。

この時計は、ただ旅行に行ったときに目覚ましにできるだけじゃなく、ポモドーロタイマーにもなる。作業の際に25分間集中しておこない5分間休憩…というサイクルを繰り返すことで生産性を上げるポモドーロテクニックは、アプリなんかでも実践可能だが、物理タイマーを置いておこなうと一層集中できる。

「P2S」の場合、ToDoリストをプリントしておき、ポモドーロタイマーを使う…といった利用が想定されている。

もちろん、カウントダウンタイマーやストップウォッチ機能もついているので、生活のさまざまな場面で、プリント+タイマーが活躍しそうだ。

「P2S」はIndiegogoで出資を受け付けていて、59ドル(約6350円)のコースが残っている。目標金額に到達した場合、製品の発送は10月におこなわれる予定だ。

使いこなせばかなり便利そうな同プロダクト、気になった方はキャンペーンページで動画や詳細をご確認いただきたい。

P2S/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報