海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up テイクアウト容器のリユースサービスを展開する米ポートランドの「GO Box」

Start Up

テイクアウト容器のリユースサービスを展開する米ポートランドの「GO Box」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米ポートランドで2011年に創設された「GO Box(ゴー・ボックス)」は、テイクアウトメニューを提供する飲食店や食料品店と消費者をつなぎ、テイクアウト用食品容器のリユースサービスを展開している。

・地元のフードトラックらと提携し、テイクアウト容器のリユースを推進

ポートランドは、フードトラックと呼ばれるテイクアウト専門屋台が600軒以上あり、多様なフードメニューを安価に楽しめることで知られている。

「GO Box」では、地元ポートランドのフードトラックや地域密着型スーパーマーケットNew Seasons Marketら、80以上の事業者と提携。

年額21.95ドル(約2360円)、もしくは月額3.95ドル(約425円)を支払った個人会員は、専用モバイルアプリで提携店を検索して注文し、店舗に出向いて「GO Box」のリユース容器に入ったテイクアウトメニューを受け取り、食べ終わったら、使用済み容器を回収スポットに持ち込む。

使用済みの容器を回収スポットに持ち込む際、容器を返却した証として回収スポットに掲示されているQRコードを専用モバイルアプリで読み取ると、再び、「GO Box」を通じてテイクアウトメニューを注文できる流れだ。

「GO Box」では、回収スポットに持ち込まれた使用済みの容器をまとめて洗浄し、消毒したうえで、提携店にこれを配布。

「GO Box」のリユース容器は、ビスフェノールA(BPA)やビスフェノールS(BPS)を含まないポリプロピレンでできており、軽量で運びやすく、丈夫で、1000回以上、リユースできるのが利点だ。

・ポートランドとサンフランシスコで展開中

「GO Box」は、現在、ポートランドのほか、サンフランシスコでも事業を展開。

これまでにテイクアウト容器22万5000個以上の廃棄を抑制している。(文 松岡由希子)

GO Box
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報