海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 現代自動車とAptivが合弁会社を設立、2022年までに自動運転タクシー展開へ

Tech

現代自動車とAptivが合弁会社を設立、2022年までに自動運転タクシー展開へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
車メーカーと自動運転技術会社の提携が近年あちこちでみられるようになってきているが、また一つタイアップが登場した。韓国・現代自動車と米Aptivだ。

両社は合弁会社を設立して自動運転の車両の開発を進め、2022年までに自動運転タクシーサービスの展開を目指すことを明らかにした。

・持分50%ずつ

主にAptivが自動運転の技術を、現代自動車が車両エンジニアリングの技術を持ち寄り、レベル4または5の自動運転テクノロジー搭載車両の開発を行う。

合弁会社の規模は40億ドル(約4300億円)で、本社は米ボストンに置く。それぞれの持分は50%ずつとなる。

レベル4だと高速道路など特定の状況でのみの自動運転となり、レベル5ではあらゆる状況で完全自動運転となる。こうした技術を搭載した車両で最終的にはタクシー事業の展開を目指す。

・Q2に会社設立

自動運転車両によるタクシー(配車サービス)事業はすでにWaymoなどが先行しているほか、各社も開発を加速度的に進めている。それだけに、今後のタイムラインが気になるところだ。

発表によると、現代自動車とAptivは当局の許可を待って来年第2四半期にも合弁会社を設立し、そこから2年ほどで開発した自動運転車両を展開したい考え。

Aptivの技術を搭載した車両はLyftがラスベガスですでに展開しているなど実績があるだけに、2022年というのは現実味のある設定といえそうだ。

Aptiv

現代自動車

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報