海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 冬のキャンプには必需品!? ヒーター機能付きスリーピングバッグ「Bundl」登場

Start Up

冬のキャンプには必需品!? ヒーター機能付きスリーピングバッグ「Bundl」登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
アウトドアで長時間過ごすことになるキャンプでは、いかに暖をとるかは重要な問題だ。特に気温が下がる朝晩を快適にしのぐにはそれなりの方策を確保しておく必要がある。

そこで米国のスタートアップが開発したのが、バッテリーで暖められるスリーピングバッグ「Bundl」。専用アプリからオンオフや温度調整ができ、あらかじめ暖めておけば快適に眠れそうだ。

・センサーで温度調整

このスリーピングバッグでは、独自開発したカーボンヒーティング材を採用。パネル状にしたものを上、中、下の3カ所に配置し、外部のバッテリーで温めるという仕組み。

ヒーティングのオンオフは、バッグについている物理的ボタンか、スマホアプリで。スマホとは約46メートルの範囲で作動するので、夜キャンプファイヤーをしながらアプリを操作してバッグを温めておく、ということができる。

また、アプリではバッグのそれぞれのヒーティングパネルを違う温度に設定することも可能。ちなみにこのバッグにはセンサーが内蔵されていて、就寝中に温度が高くなりすぎることはないのだという。

・4泊暖を取れる

開発元によると、気温にもよるが、バッテリーをフル充電すれば4泊は使える。またバッテリーにケーブルを差し込んでスマホなどのデバイスを充電することもでき、あると何かと安心だろう。

Bundlは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中で今なら399ドル(約4万3000円)の出資で入手できる。すでに目標額は達成しているので、頻繁にキャンプをする人はチェックしてみではどうだろう。

出資は10月25日まで受け付け、来年2月に発送が始まる見込みだ。

Bundl/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報