海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech お手頃価格でSTEM教育慣れ、Arduinoベースのソーシャルボット「Buddy」がフレンドリー!

Tech

お手頃価格でSTEM教育慣れ、Arduinoベースのソーシャルボット「Buddy」がフレンドリー!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミングが教育カリキュラムに導入されようとしているが、準備のほうは整っているだろうか。プログラミングはこれからの時代、子供だけでなく大人にとっても、身に着けておいて損はないスキルとなるはずだ。

ところで、バギーやロボットアームなど、STEM教育用教材は多いが、なかでもロボットタイプのものは親しみやすくてよいだろう。

Kickstarterに登場した「Buddy」は、周りのものや人の動きに反応し、そばに置いておくとまるでペットのような感覚をいだくロボットだ。

・mBlockやScratchでビジュアルプログラミング

周りのものや動きを見ているようにみえる「Buddy」だが、実は目の部分にあるのはカメラではなく近接センサーだ。これによりたえず周りのものを検知し、マップを更新している。

周囲を見回したり、こちらの動きをよけたりといった生き物のような動作はソフトウェアにより定義されているもので、自由にカスタマイズ可能だ。

mBlockやScratchといった一般的なビジュアルプログラミング環境を使って、学びながら動きが反映できる。

・3Dプリントされたパーツも拡張可能

Arduino nanoがベースとなっているので、センサーやサーボなどを追加できる。

3Dプリントされたパーツもシンプルで、大人から子供までが簡単に組み立てられるよう設計されている。オープンソースで、コードや設計図が公開されているため、このシンプルさがもの足りない方は、もちろん自身でパーツを拡張することも可能だろう。

熟練者にはコードサンプルを投稿するという楽しみ方も用意されている。

Kickstarterにて支援受付中の「Buddy」は、49ドル(約5300円)と手ごろな支援枠がまだ残っている。プロジェクトが目標金額を達成したあかつきには、今年12月にキットが届く予定だ。

Buddy/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報