海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Flirteyが95%の気象条件で稼働する配送ドローンを発表!

Tech

Flirteyが95%の気象条件で稼働する配送ドローンを発表!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
商品を効率よく運び、コストと排ガスの削減が期待されるドローン配送。とりわけラストワンマイルの配送については早急な実用化が目指される

ドローン配送の実用化にあたって求められるのは、なにを置いてもドローンの安定性だろう。商用ドローン開発のパイオニア、Flirteyが発表した「Flirtey Eagle」は、気象条件の変化に強く、迅速な配送を実現する。

Flirtey Eagleによる商品やAEDの安全な配送が、年内にも開始されそうだ。

自宅用配送物の75%に適合

Flirtey Eagleは、気象条件の95%で動作するよう設計されていて、飛行の信頼性が高いのが特徴だ。

Flirteyは、2015年にいち早くFAA(アメリカ連邦航空局)の承認を得て、初のドローン配送を実施している。

Flirtey Eagleでは、NASAのドローンプログラムに基づいて開発されたテクノロジーを受け継ぎ、より安全で迅速な配達を実現する。

自宅用配送物の75%に適合するよう設計されており、10分未満に配達を完了することを目指す。こういった性能は、ラストワンマイル配送に最適だろう。

荷物はロープで降下

公開された動画を観ると、Flirtey Eagleが目的に到着後、機体は上空のままロープで荷物を降ろしていくのがわかる。こうして、生鮮食料品や商品を、荷物や人、機体にとっても安全に配送するわけだ。

離着陸プラットフォーム、Flirteyポータルは駐車場に収まるサイズで設計され、店舗や宅配業者による導入のハードルが低い。

FAAによる承認済みプラットフォームによって制御され、1人のリモートパイロットが同時に10台のドローンを監視できるという。

Flirtey Eagleは、早ければ2019年中の配送を計画しており、ドローン配送市場にとっての節目となりそうだ。

参照元:Flirtey unveils the future of drone delivery with never-before-seen video and images of its latest industry-leading drone and technology with Senator Catherine Cortez Masto at The National Press Club in Washington, D.C./PRNewswire
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報