海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech Epsonの新プロジェクター「LS500」は超短焦点でHDRをサポート!

Tech

Epsonの新プロジェクター「LS500」は超短焦点でHDRをサポート!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、テレビではなくあえてプロジェクターを選ぶ人が増えてきているが、それなりのサイズを高画質で楽しめるものを探している人にはこのほど発表されたEpsonの新製品は有力な選択肢となるかもしれない。

Epsonは、4K HDRコンテンツに対応し、周囲の明るさの程度に関係なく常に高画質を楽しめる超短焦点レーザープロジェクター「LS500」を2020年第1四半期に発売する。100インチと120インチの2タイプ展開となる。

・あらゆる状況で高品質映像

超短焦点、つまりスクリーンのすぐ近くに設置して壁などに映像を投影できる。

技術の進歩で超短焦点も4K HDR 対応もさほど珍しいものではなくなりつつあるが、Epsonが今回売りとするのは、反射しないスクリーンだ。

これは、アンビエントライト環境下での映像も高品質で楽しめるというもの。鮮やかな色は鮮やかに、黒は真に黒となり、かつシャープな映像となる。

スペックはというと、明るさは4000ルーメン、ダイナミックコントラスト比は250万:1。リフレッシュレートは最大60Hzだ。10Wのステレオスピーカーを内蔵している。

・音声でコンテンツ検索

そのほかの特徴としては、スマートテレビOSとしてAndroid TVを搭載し、Googleアシスタントをビルトインしていることが挙げられる。NetflixやYouTubeのコンテンツを音声で検索してそのまま視聴、ということも可能だ。

発売は2020年第1四半期が予定され、希望小売価格は100インチタイプが4999ドル(約54万円)、120インチタイプが5999ドル(約65万円)となっている。

Epson
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報