海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 【国内初】eスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪で2020年4月オープン!全9フロア、71席のPCブース完備

Enterprise

【国内初】eスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」が大阪で2020年4月オープン!全9フロア、71席のPCブース完備

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
すっかり耳なじみになった「eスポーツ」というワード。日本が世界に誇るゲームというカルチャーが、スポーツ競技として新たに定義され、広がりを見せている。

そんな「eスポーツ」をテーマにした、ユニークなサービスが計画されている。住宅事業を展開する株式会社サンユー都市開発は、「泊まれるeスポーツ施設」をコンセプトにした、国内初となるeスポーツ特化型ホテル「e-ZONe ~電脳空間~」を、2020年4月に大阪日本橋にオープンする。開業日にはオープニングイベントを開催する予定だ。

・「e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~」とは

オンラインゲームをプレイした経験がある人なら、ゲームの「やめ時」が難しいと感じたことがあるのではないだろうか。他のプレイヤーとの関わりが楽しくて、時を忘れて遊んでしまい、ついには寝る時間もなくなってしまう……なんてことも。

オンラインゲームをプレイ中に、もうあと少しだけゲームをしたいと挑み続け、しかもそばにいつでも寝られる環境がある。ゲームプレイヤーなら誰でも一度は感じたことのある、夢のような体験が叶う環境が「e-ZONe」である。

・B1Fから8Fまでの全9フロア、ハイスペックPCブース完備

施設は、B1Fから8Fまでの全9フロアで構成。1F~3Fはゲーミングフロア、4F~8Fはキャビンフロア(宿泊フロア、全94ベッド)になっており、B1Fにはシャワーフロアを常設。

施設内には最大71席のハイスペックPCブースが用意され、実況配信用の設備も完備している。7階には、客室内にハイスペックPCが設置された特別ルームフロアも用意されているという。

まさに施設全体がeスポーツに特化したホテル。eスポーツを初めて体験したり、オフ会を開催したり、大会前の泊りがけの合宿を実施したり。そのような個人での利用はもちろん、大会やイベントの開催も予定している。

【「e-ZONe ~電脳空間~」概要】
◆名称:e-sports hotel e-ZONe ~電脳空間~
◆住所:大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9街区
◆オープン日:2020年4月予定
◆営業時間:24時間
◆総ベッド数:94ベッド

eスポーツを存分に楽しむことができ、ユーザー間のコミュニケーションの場となる「e-ZONe ~電脳空間~」は、まさに「eスポーツ」を楽しむプレイヤーに至福の体験を用意してくれる施設といえそうだ。オープンを心待ちにしたい。

e-ZONe ~電脳空間~
株式会社サンユー都市開発
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報