海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Social Media 世界75カ国語に対応、あなたの五輪ツイートを無料で翻訳してくれるサービスが展開中

Social Media

世界75カ国語に対応、あなたの五輪ツイートを無料で翻訳してくれるサービスが展開中

ついにソチ冬季オリンピックが始まった。連日テレビ中継に釘付けで寝不足という人もいるかもしれない。このような世界的にも大きなイベントが開催されると、Twitterなどのソーシャルメディア上では、盛んにオリンピックの話題がツ...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
@OHTついにソチ冬季オリンピックが始まった。連日テレビ中継に釘付けで寝不足という人もいるかもしれない。このような世界的にも大きなイベントが開催されると、Twitterなどのソーシャルメディア上では、盛んにオリンピックの話題がツイートされ、言語や文化の垣根を越えて、世界中の人々が外国に興味をもつきっかけにもなるだろう。

イスラエルに拠点を置く翻訳サービス会社One Hour Translationでは、ソチオリンピックの開催期間中、ツイッターユーザーなら誰でも無料で、翻訳サービスを利用できるキャンペーンを展開している。サービスは、開会式と同時に提供をスタート。

ユーザーはOne Hour Translationのハンドル@OHTで、翻訳してほしい言語のフレーズと、何語に訳してほしいかの要望をツイートするだけ。すると、15分~20分程度待つと、翻訳結果が@OHT上で公開される。たとえば、「где я могу купить пиво --> please translate into English? @OHT」とツイートして翻訳を依頼すると、質問者のアカウント宛てに「Where can I buy beer?」という翻訳結果が公表されるという流れだ。

One Hour Translationはイスラエルの投資家から関心を集め、1月に1000万ドルの資金を集めている。現在15000人以上の認定翻訳家が登録されていて、オリンピックのキャンペーンでは、75カ国の言語に対応している。とにかく無料なので気軽に利用でき、外国語や外国人と触れ合えるこのチャンス、ぜひ利用して冬の祭典で盛り上がってみては。

One Hour Translation
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報