海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 世界初のネットスーパー向けコンテナ型自動受け取りスポットがエストニアで開発される

Tech

世界初のネットスーパー向けコンテナ型自動受け取りスポットがエストニアで開発される

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「Cleveron 501」は、エストニアのテクノロジー企業Cleveron(クレベロン)によって世界で初めて開発された、ネットスーパー向けのコンテナ型自動受け取りスポットである。

・ネットスーパーで注文した商品をいつでも受け取れるコンテナ型自動スポット

幅3メートル、高さ3.4メートルの「Cleveron 501」は、最大124個の荷物を収納できる長さ7メートルの「Cleveron 501 M」と、276個の荷物を収納できる長さ13メートルの「Cleveron 501 L」の2サイズで展開。

2度から25度まで温度設定できる冷蔵スペースのほか、マイナス18度の冷凍スペースを加えることができ、生鮮食品から冷凍食品まで、様々な食料品を適切に保管できる。

また、スーパーの敷地内や都市部のオフィス街、集合住宅、郊外の駐車場など、限られたスペースでもフレキシブルに設置できるのも特徴だ。

・ネットスーパーに特化したラストワンマイル対策ソリューション

「Cleveron 501」は、ネットスーパーで注文した食料品をユーザーが年中無休24時間いつでも引き取ることができ、食品スーパーや配達員にとってもコストや手間を軽減できるのが利点。

ネットスーパーで受注した食料品を配達員が「Cleveron 501」に持ち込み、受注ごとに専用かごに仕分けして納めると、商品の引き渡し準備が完了した旨をユーザーに通知。

ユーザーが、指定された「Cleveron 501」に立ち寄り、専用QRコードを読み取らせるか、パスコードを入力すると、わずか20秒で、注文した商品が自動的に出てくる流れだ。

欧米を中心にネットスーパーの需要が拡大するなか、「Cleveron 501」は、ネットスーパーに特化したラストワンマイル対策ソリューションとしてニーズが見込まれている。(文 松岡由希子)

Cleveron
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報