海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 国内初!ゴルフ場内の移動に「LUUP電動キックボード」が導入。誰でも簡単に乗れて、しかも楽しい

Start Up

国内初!ゴルフ場内の移動に「LUUP電動キックボード」が導入。誰でも簡単に乗れて、しかも楽しい

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
趣味や仕事関係の接待でゴルフをやっている人もいるだろう。ただ、一般的にゴルフ場は広大なので、コースを移動するのが大変でもある。

このたび、ゴルフ場内の移動を快適にしてくれそうな新しいモビリティとして、「電動キックボード」が導入されることになったという。株式会社Luupは、栃木県のゴルフ場「セブンハンドレッドクラブ」のエリア内移動用に、電動キックボードの提供を開始した。

・海外で流行、誰でも安全&簡単に乗れる電動キックボード

2018年に設立された株式会社Luupは、電動キックボードをはじめとする、電動マイクロモビリティのシェアリング事業「LUUP」を展開するベンチャー企業。 日常生活での利用や観光時の移動など、人々が好きな場所から好きなタイミングで電動キックボードに乗ることができる社会の実現を目指している。

電動キックボードは、海外で流行している電動小型の乗り物。2、3回地面を蹴って進みだせば、簡単なハンドル操作のみで運転することができる。 また、自転車とは違って、またいだり、こいだりする必要がないため、誰でも安全・簡単に乗ることができるのがメリット。徒歩10〜15分程かかる短い距離への移動手段に適している。ちなみに、自転車に乗れない人でも、問題なく初回で乗れるような機体だという。

・栃木県にある「セブンハンドレッドクラブ」で導入開始

今回、Luupの電動キックボード導入が決まった「セブンハンドレッドクラブ」は、栃木県中央よりやや北部のさくら市に位置する100万平方メートル(約30万坪)の広大なゴルフ場。

電動キックボードの導入により、広いエリア内における利用客の移動が、より気軽で快適になる。

また株式会社Luupでは、電動キックボードの社会実装に向け、 私有地における活用の有用性についての検証も併せて実施するという。ちなみに、電動キックボードは法令上、原動機付き自転車に該当するため、私有地外の公道においては、ヘルメットの着用など、法令順守する必要があるのでご注意を。

ゴルフ場利用者のプレー中、及びプレー前後での移動手段として利用するほか、ゴルフのプレーをしない人がゴルフ場内の散策に使ったり、従業員の施設内移動にも使用される予定だ。

【セブンハンドレッドクラブでの電動キックボード利用概要】
◆場所:「セブンハンドレッドクラブ」の敷地内
◆開始日:2019年9月7日(土)
◆対象:ゴルフ場利用者、及びセブンハンドレッドクラブの従業員
◆料金:無料(2019年12月31日迄)
◆乗車条件:身長120cm以上、14歳以上、平らな靴をはいている方、怪我をしていない方、飲酒をしていない方など

株式会社Luupの代表である岡井大輝氏は、「電動キックボードのような小型で電動のモビリティは、1-3km程度の短い距離の移動に最適で、 移動そのものを楽しくする可能性を秘めている。電動キックボードの利便性だけでなく、『乗る楽しさ』も利用客に伝われば」とコメントをしている。

広い私有地内の移動は、徒歩だけで網羅するのは不可能だ。自動車やカートよりも小型で小回りのきく電動キックボードなら、もっと気軽に敷地内の移動ができることだろう。

セブンハンドレッドクラブ
株式会社Luup
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報