海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up ブラウザVivaldiがモバイルに進出! Android向けベータ版の提供を開始

Start Up

ブラウザVivaldiがモバイルに進出! Android向けベータ版の提供を開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
知る人ぞ知る、“上級者向け”ブラウザのVivaldiがモバイル端末にもサービスを広げる。同社は9日、Android向けベータ版の提供を開始すると発表した。

検索エンジンの素早い切り替えや、頻繁に利用するサイトのショートカットをホーム画面におけるSpeed DialなどがAndroid端末でも利用できるようになる。

・3年間デスクトップのみ

Vivaldiに馴染みのない人も多いに違いない。実際、Internet ExplorerやSafari、Google Chromeなどに比べると地味な存在だろう。それはもっともな話で、Vivaldiは展開されてまだ3年だ。

Vivaldiは、ブラウザOperaの共同創業者が「もっと使いやすいブラウザを」として立ち上げ、これまでデスクトップ用のみが展開されていた。

そして今回のAndroid向けベータ版投入だ。すでにデスクトップで利用していてAndroid端末を愛用しているユーザーにとっては特に朗報で、デスクトップもモバイルもVivaldiで統一してブックマークなどをシンクさせられるようになる。

・手軽に検索エンジン切り替え

Vivaldiの魅力はまず軽量でサクサク動くこと。また、Speed Dialなど他のブラウザにはない便利機能が備わっていることだ。

目玉機能としては、アドレスバーから検索エンジンを簡単に切り替えられること、デバイス間でノートをシンクさせることなどが挙げられる。また、スクリーンショットでは撮影範囲をスクリーン全体にするか、Webページ全体にするか、あるいはブラウザの部分だけにするか選べるのは他のブラウザにはない機能だろう。

そのほか、タップ一つで通常タブ、プライベートタブ、シンクされたタブが切り替えできたり、タブの複製をつくったりも簡単だ。

使ったことのない人で、今使用しているブラウザに不満がある人は検討する価値はありそうだ。ベータ版はAndroid 5.0以上で利用できる。

Vivaldi

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報