海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 太陽光発電用球形ガラス「Beta.ey」 パネル型より効率的に集光

Tech

太陽光発電用球形ガラス「Beta.ey」 パネル型より効率的に集光

身近なエコ発電と聞いて真っ先にソーラーパネルを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。ソーラーパネルは住宅などの屋根に比較的容易に設置できるようになり、人々の暮らしに浸透しつつある。クリーンなエネルギーとして導入が進むが...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
SONY DSC身近なエコ発電と聞いて真っ先にソーラーパネルを思い浮かべる人も多いのではないだろうか。ソーラーパネルは住宅などの屋根に比較的容易に設置できるようになり、人々の暮らしに浸透しつつある。クリーンなエネルギーとして導入が進むが、弱点もある。日の照り具合や角度などに左右されやすいという点だ。

ロンドンの会社「Rawlemon」から登場した球形ガラスの太陽光発電「Beta.ey」は、そうした弱点を補うものだ。さまざまな角度から太陽光を集めることが可能で、従来のソーラーパネルより70%も太陽光を効率的に集めてエネルギーに変換するのだという。Beta.eyは拡散する光を様々な角度から集め、虫眼鏡のように太陽光をビームに変えるため、十分に太陽光を受けているソーラーパネルよりも集光がさらに効率的になるのだという。

Beta.eyには球形ガラスの直径が1.8メートルと大きなサイズがあるが、これはかなり本格的で値段も6000ドルと一般消費者がそうそう手を出せるものではない。そこで現在、資金調達サイト「Indiegogo」で展開しているキャンペーンでは、ミニュチュア版(Sサイズ)を489ドルで提供している。

このミニチュアはUSB2.0規格のスロットを備えていて、携帯端末などの充電ができる。バッテリーの容量は27.5ワット/時。大きさは10.5×10.5×16.5センチとなっているので、南側を向いた部屋の日当りのいい机の上などに置いて端末を充電するという使い方ができるだろう。

489ドルは決して入手しやすい価格とはいえないが、長い目で見れば電気代の節約につながり、また停電などの時にも重宝しそうだ。

Rawlemon
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報