海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Seagateの新ポータブルSSD「One Touch」はファブリック材やカモ柄を採用!

Tech

Seagateの新ポータブルSSD「One Touch」はファブリック材やカモ柄を採用!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタル機器は機能性がもちろん大事だが、オシャレ感もあればベター。そう考えている人に今回紹介したいのがSeagateの新ポータブルSSD「One Touch」だ。

真っ黒で無機質なSSDが多く展開されている中で、One Touchはファブリックで包んでいて柔らかい印象を醸し出している。加えて、かなりレアなカモ柄のスペシャルエディションもある。

・ポケットサイズ

One Touchはクレジットカードほどのサイズ。やや厚みがあるが、それでもポケットにすっぽり収まり、十分持ち運びしやすいコンパクトさだ。

ポイントは何と言ってもファブリック材でつつまれていること。これだけで印象がソフトになる。カラーは黒と白の2色。

またSpecial Editionとしてカモ柄のものも用意された。カラーは赤、緑、青、白の4色で、まずSSDには見えない。

・400MB/秒で転送

スペックはというと、容量はOne Touchが500GBと1TBから選べ、Special Editionの方は500GBのみ。転送スピードは読み込み、書き込みどちらも400MB/秒。ケーブルはUSB-CではなくUSB 3.0を使用するので、さほど急いで転送することはない日常使いを想定している。

カバンの中に入れておいて、写真やビデオなどを念のためためにバックアップをとったり、端末の容量を確保するためにデータを移したり、というときに便利そうだ。

価格はOne Touchの500 GBが134.99ドル(約1万4000円)、1TBが264.99ドル(約2万8000円)。Special Editionは144.99ドル (約1万6000円)で、いずれも10月に発売される。

Seagate
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報