海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech ポートレートモードで投影できるAcerの新プロジェクター「C250i」は多角柱デザイン!

Tech

ポートレートモードで投影できるAcerの新プロジェクター「C250i」は多角柱デザイン!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
縦にも横にも置いて映像を投影できる、なんとも珍しいポータブルLEDプロジェクター「C250i」がAcerから発表された。

遠目には円柱形のようだが実は多角柱で、横置きの場合、角度を簡単に調整できるのがセールスポイントだ。

・ビデオ電話にも

ポータブルプロジェクターは多数展開されているが、Acerによると縦置きにしてポートレートモードで投影できるプロジェクターは世界初という。

ポートレートモードはソーシャルネットワークなどに投稿されたビデオや写真を観るとき、ビデオコールをするときに便利だ。映像はこれまで横長が主流だったが、近年スマホの浸透で、あえて縦方向に撮影したものが増え、まだスマホでのビデオコールが定着しているのにも対応したものだ。

・5時間駆動

もちろん横置きにして普通に横長の映像や写真も閲覧できる。その際、角度を簡単に調整できるので、壁や天井などあらゆる場所への投影が可能だ。

スペックはというと、解像度は1920×1080ピクセル、コントラスト比は5000:1、明るさは300ANSI ルーメン。フル充電で5時間駆動する。

ワイヤレスでスマホなどと連動するので、スマホとC250iをセットで持ち歩いて「どこでも鑑賞会」ができそうだ。

C250iは来年1月に499ドル(約5万3000円)で発売される見込み。

Acer C250i(YouTube)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報