海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スペインSeatの新EV コンセプト「Cupra Tavascan」はVWのモジュラーを採用

Tech

スペインSeatの新EV コンセプト「Cupra Tavascan」はVWのモジュラーを採用

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォルクスワーゲン(VW)傘下のスペイン車メーカーSeat(セアト)が、Cupraブランドから新たな電気自動車(EV)のコンセプトを発表した。

77kWhのバッテリーを搭載したSUVで、何よりVWのモジュラーを採用しているのが特徴。来年にも生産が始まる見込みだ。

・他ブランドでベースを共有

VWグループでは全体的にEVへのシフトを加速させている。それを支えるのが、独自に開発したMEBプラットフォームだ。MEBは電気自動車用のモジュラープラットフォームで、さまざまなモデルで利用できる。

VWブランドはもとより、傘下企業、そして最近では米フォードもMEBを共用することが明らかになった。今後多くのEVのベースとなることが見込まれるMEBだが、Seatでも「Cupra Tavascanコンセプト」で初めて採用する。

・計器類はデジタル化

Tavascanは77kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、WLTP基準で航続距離は約450キロ。そして電動モーター2つの合計出力は225kWだ。

発表された写真をみると、計器類はほぼ全てデジタル化され、それとは別にナビゲーションや音楽など各種情報を表示する13インチディスプレイも搭載している。

SeatはTavascanを今月中旬にドイツ・フランクフルトで開かれるモーターショーでお披露目し、来年にも生産を開始する計画だ。

Seat

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報