海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ドライバー計11基搭載! B&Oが同社初のサウンドバー「Beosound Stage」発表

Tech

ドライバー計11基搭載! B&Oが同社初のサウンドバー「Beosound Stage」発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、技術が進化してテレビの画質は大幅に良くなった。それに伴い、当然音にもこだわりたいという需要がある。

そうした人のためにあるのがサウンドバー。すでにさまざまな音響機器メーカーが展開しているが、デンマークの老舗バング&オルフセン(B&O)も同社初のサウンドバー「Beosound Stage」を発表した。

・カスタムウーファーも搭載

Beosound Stageは細長い形状で、この中に11基ものカスタムデザインのドライバーが搭載されている。各ドライバーは50ワットとパワフルだ。

また、低音を広くカバーするカスタムウーファーも搭載し、これにより迫力ある低音を楽しめるとのこと。

そして両サイドにツイーターを45度の角度で配置して3Dサウンドを演出する。加えて3Dサウンドという点では、ドルビーアトモスに対応している。

・フレームにコンパネ

デザイン面では同じくデンマーク企業NORMアーキテクツとのコラボとなっている。全体的にシンプルで、スピーカーをフレームで囲んでいる。

フレームはアルミニウム、ブロンズトーンのアルミニウム、そしてオーク材から選べる。またフレームにはひっそりとコントロールパネルが彫り込まれている。

北欧ならではのデザインとB&Oの技術が詰まったBeosound Stageは今秋発売される見込み。価格はアルミニウムフレーム2種が1500ユーロ(約17万円)、オーク材が2250ユーロ(約26万円)となっている。

バング&オルフセン
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報