海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 自転車乗り必見! 空気入れとロックを兼ねる「AirLock」が便利そう

Start Up

自転車乗り必見! 空気入れとロックを兼ねる「AirLock」が便利そう

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自転車を愛用している人にとって、自転車を維持する上で必須アイテムが盗難防止ロックとタイヤ空気入れではないだろうか。

自転車に乗る時はどちらも携帯するにこしたことはない。しかし実際のところ、両方を持ち運ぶのは面倒なもの。そこで登場したのが、空気入れとロックを兼ねる「AirLock」だ。

・長さ76センチ

米国のスタートアップが開発したAirLockは一見、自転車ロックとしては一般的なケーブルタイプで、ポールなどにとめて使う。

スチール製ケーブルを丈夫なビニールで覆っていて、長さは76センチとあらゆるシーンで利用できそうだ。

・ポンプ付き

だが、AirLockはこれだけではない。空気入れとしても使えるのだ。

ケーブルの片側にタイヤに差し込む針をつけ、もう片側に備わったシリンダーポンプを動かすと、タイヤに空気が注入される。少し空気が抜けてきたかな? というときにすぐに対応できる。

ただし、ポンプの能力はさほど大きくなく、完全にパンクしたタイヤではやや大変な作業となりそうだ。開発元によると、27インチのタイヤの空気圧を100osiにするのにポンプを200回動かす必要があるとのこと。

AirLockの重さは544グラム。コンパクトに丸めてバックパックなどに入れて持ち運べるほか、自転車に乗っているときはサドル下のポールに巻きつけておくことも可能だ。

AirLockは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開していて、今なら58ドル(約6100円)〜となっている。9月27日まで出資を受け付け、目標額を達成したら12月にも発送される見込みとなっている。

AirLock/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報