海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Mobile 日本初の自販機サブスクサービス「every pass」が10月スタート! 9/2よりユーザー500名を募集

Mobile

日本初の自販機サブスクサービス「every pass」が10月スタート! 9/2よりユーザー500名を募集

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
通勤通学時などに、毎日ドリンクを自販機で購入している人に耳寄りな情報が飛び込んできた。

自販機サブスクリプションサービス「every pass(エブリーパス)」がスタートするという。「every pass」は、10月1日から本格的にサービス開始するが、9月2日から9月16日の期間中、抽選でサービス利用者の募集を行う。

サービスを運用するのは、株式会社JR東日本ウォータービジネス。エキナカブランド「アキュア」から、飲料メーカーの枠を超えた「ブランドミックス」のラインナップを展開している。JR東日本の駅構内で見かける、スタイリッシュなデザインのあの自販機を思い出してほしい。

・消費増税やキャッシュレス化への対応

自販機業界で、自社アプリを活用したサブスクリプションサービスを提供するのは、日本初の試みだという。

サービス開始の背景には、2019年10月より施行される消費増税、近年導入が進んでいるキャッシュレス決済などへの対応がある。また、デジタルコンテンツからアパレル、外食等、ここ数年でビジネスモデルとして浸透してきている「サブスクリプション型のサービス」への注目度の高さもあるという。

本サービスは、JR東日本エリアの駅に約400台設置されている最新型自販機「イノベーション自販機」に、専用スマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」へ配信されるQRコードをかざすだけで、1日1本対象の商品を受け取ることができるというもの。

専用アプリでは、無料ドリンクや割引クーポンでオトクにドリンクを手に入れられたり、ポイントを貯めてドリンクを交換したり、家族や友人にプレゼントしたりできるという。

・2つのプランを用意

本サービスには2つのプランが用意されている。

「アキュアメイドプラン」は月額980円、オリジナル商品ブランド「アキュアメイド」のドリンクを購入できる。「プレミアムプラン」は月額2480円、「アキュアメイド」に加えて、他飲料メーカーを含む自販機内の全商品が対象となる。

仮に30日間150円の商品を受け取れば合計4500円かかる計算。本来かかる金額よりもお得に利用できるというわけだ。9月2日から利用者を500名募集し、10月1日からサービススタートとなる。

なお、「ドリンクはJR東日本の駅構内に設置されているイノベーション自販機でのみ受け取れる」「配信されたQRコードは、当日限り有効」など、利用方法には注意事項があるので、詳しくはサイトを確認してみてほしい。

サブスクリプションサービス「every pass」
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報