海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スマートスピーカーの世界シェア、ついにBaiduがGoogleを追い抜く!成長率は前年比3700%

Tech

スマートスピーカーの世界シェア、ついにBaiduがGoogleを追い抜く!成長率は前年比3700%

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image: Canalys

目覚ましい成長を続けるスマートスピーカー市場だが、とりわけBaiduの存在感が大きくなっている。調査会社Canalysのレポートによると、2019年第2四半期におけるBaiduのスマートスピーカー出荷台数は450万台となり、世界シェア17.3%に達した。

前年からの成長率はなんと3700%。シェア16.7%のGoogleを追い抜いたかたちで、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

・ハイエンドから低価格路線に

Baiduは、早くからハイエンドユーザー向けに、6節で動くスマートスピーカー「Raven H」「Raven R」を販売していたが、不振に終わった経緯がある。

現在市場に出回っているのはRavenのラインアップとは別の「Xiaodu」で、ベーシックなモデルが89元(約1300円)と激安だ。

スマートスピーカーに搭載されたAIプラットフォーム「DuerOS」は、スマートホームデバイスや車などさまざまなデバイスに統合されていて、同OS搭載のスマートディスプレイなども販売されているところはGoogleアシスタントのエコシステムと酷似している。

・中国のスマートスピーカー市場は急成長

Canalysのレポートによれば、スマートスピーカー市場自体が55.4%の急成長を遂げている。なかでも目立つのが中国で、2019年第2四半期のスマートスピーカー出荷台数は、アメリカの610万台の約2倍、1260万台となっている。

シェア第3位のGoogle以下には、4位Alibaba(15.8%)、5位Xiaomi(10.8%)と中国勢が続き、1位のAmazon(25.4%)も決して安泰ではないといえる。

中国とそれ以外では市場が違うため、いまのところお互いユーザーを食い合うことはないが、Googleは中国進出を諦めてはいないしその逆も考えられるだろう。

参照元:Baidu replaces Google to become number two in smart speaker market in Q2 2019/Canalys
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報