海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up AgriTech(農業テック)スタートアップのinaho株式会社、伊藤忠テクノロジーベンチャーズなどから資金調達を実施

Start Up

AgriTech(農業テック)スタートアップのinaho株式会社、伊藤忠テクノロジーベンチャーズなどから資金調達を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動野菜収穫ロボットを開発するinaho株式会社は、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、創発計画株式会社、株式会社ドフ、複数の個人投資家から資金調達を完了しましたこと発表した。

inaho株式会社とは

inaho株式会社は、AIを活用した野菜収穫ロボットの開発に取り組むスタートアップ。自動野菜収穫ロボットを活用した活用したRaaS(Robot as a Service)モデルのサービス展開を進めている。

同社はこのたび、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、創発計画株式会社、株式会社ドフ、複数の個人投資家から資金調達を完了しましたことを発表した。

今回の資金調達の目的は次の3つ。
・自動野菜収穫ロボットの製造及び対応作物の拡大
・高度なエンジニア人材の採用
・市場開拓やアライアンス強化を目的としたマーケティング施策

現在の対応作物はアスパラガスのみだが、キュウリやトマトなど、人の目で見て収穫適期かどうかを判断しなければならない選択収穫野菜に広く対応していくとのことだ。また、農家の高齢化や人手不足といった課題をグローバル規模で取り組んでいく。

代表のコメント

今回の資金調達にあたり、同社代表取締役 CEOの菱木豊氏は次のようにコメントしている。
間もなくサービスインを迎え、これから本格的な量産体制に入ってまいります。優秀な人材を採用し、開発と検証を繰り返しながら数台から数十台、数百台、数千台へと量産していくためのファーストステップとして、今回の資金調達を行いました。
現在、さまざまな野菜や果樹の生産者様から「ロボットの開発を早く進めて欲しい」と叱咤激励を受けております。今後のロボットの開発目標として、まずは対応作物の拡大を目指すとともに、我々のサービスを待ってくださっている多くの生産者様に、より早く、より優秀なロボットを提供するため事業を加速させます。日本の、そして世界の食糧事情を変革するサービスに成長させるべく、多くの方のご支援を頂戴できれば幸いです。

農業が抱える人手不足と高齢化の問題。そんな現状に対して、同社の「人手による収穫作業」に対するソリューションは、根本的な問題解決を可能にするかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報