海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 現代自動車のラストマイル用電動キックスクーターはEVで充電できる!

Tech

現代自動車のラストマイル用電動キックスクーターはEVで充電できる!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車メーカーが、電動アシスト自転車や電動スクーターなどマイクロモビリティに参入する傾向が顕著になっている。

先日アウディがE-Tronスクーターを発表したばかりだが、韓国の現代自動車もこのほど電動キックスクーターのプロトタイプを発表した。折りたたみ式で、電気自動車(EV)で充電できるなど、EVとのコンビネーション使用を前提としている。

・EVに専用の収納場所

電動スクーターそのものはもはや珍しいものではないが、現代自動車のプロトタイプはEVとの併用を想定している。少し離れた駐車場に停めたマイカーまでの移動、車から降りて目的地までのラストマイル移動などに使う。

そうした使用法を反映した機能やデザインが随所にみられる。たとえば、この電動スクーターは同社のEVの所定の場所に収納すると運転中につくられた電気でスクーターを充電できるようになっているとのこと。

デモビデオを観ると、スクーター収納場所はEVのリアやフロントサイドなどが考えられているようだ。

・3つ折りでコンパクトに

また、このスクーターは折りたたみ式だが、他メーカーのものが2つ折りなのに対し、3つ折りでかなりコンパクトにできる。重さは7.7キロとかなり持ち運びしやすい。

一方で、車との併用を想定しているからか、航続距離は20キロとそう長くはない。最高速度も時速20キロとなっている。

つまり、単独で利用できるものの、EVと一緒に使った時に強みが発揮できるスクーターといえる。プロトタイプを発表したが、いつマーケットに投入されるのか具体的な言及はなく、対応するEVの登場を待つ必要があるかもしれない。

Hyudai

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報