海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 低価格・免許不要でボートライフを満喫! 豪華ボートのシェアリングサービス「Portl」のβ版提供開始

Start Up

低価格・免許不要でボートライフを満喫! 豪華ボートのシェアリングサービス「Portl」のβ版提供開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
「モーターボートでちょっと離島まで」。そんなことができるのは一部のお金持ちだけだと考える人が多いだろう。しかし、それが手頃な値段で、免許もいらず体験できるならどうだろうか。

株式会社Portlは、世界では当たり前になっているプレジャーボートのシェアリングエコノミーを実現させるボートシェアリングプラットフォーム「Portl(ポートル)」のβ版の提供を開始した。

「Portl」開発の背景

国民の意識調査では、10代、20代の約7割がプレジャーボートを活用したレジャーを「やってみたい」と答え、「すでにやっている」と答えた人は5%未満という結果が出た。やっていない理由は「費用が掛かるから」、「きっかけがない」が過半数を占めている。また、プレジャーボート所有者の高齢化も進んでいる。

このことから、ポートルは稼働していないボートの遊休時間と、承認を受けたボートの操縦者をマッチングすることによって、ボートレジャーに二の足を踏んでいた人に低価格で安全なボートレジャーを提供しようと開発に乗り出した。

「Portl」の特長

ユーザーが好きなボートを選ぶと操縦者がマッチングされるため、免許は不要。ポートルの平均相場は半日で5万円~6万円となっている。参加人数によっては1人数千円で利用可能となり、若者でも手の届く料金だ。

また、予約前にメッセージ機能で相談や追加オプションについてやり取りできるため、少人数のクルーズから大型パーティーまで自由に計画できる。例えば、真上に上がる花火をボートから見たり、海上パーティーを開いたり、都内から数時間で行ける離島クルーズを楽しんだりと、時期やメンバーによって楽しみ方もいろいろ。

同社は今後、"ボートの世界への入り口"として、利用可能地域の拡大やボートタイプの拡充を行う、としている。さらに、貸切利用だけにとどまらず、ディナークルーズや、マリンスポーツといったボートでの楽しみを提案していけるようサービスの拡充を目指す予定だ。

ボートライフに欠かせない船舶免許取得、ボートチャーターの料金という2つの壁を取り払った「Portl」は、島国である日本の海のレジャーをより身近なものにしてくれるだろう。日本人もこれから新しい海の楽しみ方を見つけるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報