海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech メキシコ発のロボット・ツリー「BioUrban」は都市部の大気を清浄!

Tech

メキシコ発のロボット・ツリー「BioUrban」は都市部の大気を清浄!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
世界各国で大気汚染が深刻な問題になっていて、健康被害に苦しむ人の数は年々増えている。メキシコも例外ではない。そこで当地のエンジニアらが、汚染された大気をきれいにするロボットを開発している。

最新版「BioUrban 2.0」は木を模したロボット・ツリーで、汚染された空気を吸い込んで、清浄な空気を出すという、都市部の環境改善に一役買うものだ。

・藻類を活用

自然の木は二酸化炭素を吸収して酸素を放出する。それを模倣しているのがBioUrban 2.0だ。実際には二酸化炭素だけでなく一酸化炭素、窒素酸化物、粒子状物質のPM10とPM2.5を吸収する。

仕掛けはツリーの中央部にある緑色の物体だ。開発元によると、微細藻類に光合成させる過程で、そうした汚染した空気を吸収し、きれにして排出するのだという。

・若い木368本に相当

第2世代となるBioUrban 2.0は年間1314万立法メートルの空気の処理が可能で、フィルターでのPM10とPM2.5の除去率は99.7%とのこと。

またBioUrban 2.0の酸素排出量は若い木368本分に相当し、木を植えるスペースがない街中への設置を想定している。BioUrban 2.0の高さは4メートル、直径は2.75メートルで、歩道脇に街路樹のように設置できる。

最初のBioUrban 2.0はすでにメキシコのプエブラに設置され、開発元のBiomiTechは今後売り込みを図りたい考えだ。

BiomiTech
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報