海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 好きな時に好きな場所で暮らそう! ADDressとカヤックLivingが提携し、移住・多拠点生活をサポート!

Start Up

好きな時に好きな場所で暮らそう! ADDressとカヤックLivingが提携し、移住・多拠点生活をサポート!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
家は必ずしもひとつでなくていい。仕事に合わせて、季節に合わせて、気分に合わせて住む場所を変えられたら、人生はもっともっと充実するだろう。

この度、全国の登録拠点住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービスを運営する株式会社アドレス(以下、ADDress)と、移住スカウトサービス「SMOUT」の運営元・株式会社カヤックLivingが業務提携した。

ADDress×カヤックLivingが創り出すライフスタイル

移住や多拠点居住に興味を持つ人は多い。そんな人々に両社がきっかけを提供する。SMOUTのプラットフォーム上に、ADDress拠点の情報を掲載し、地域の情報を簡単に得られるようになる。そこには各地域の家守(管理人)による食やイベントなどの情報も投稿され、住人のリアルな感想も見られる。

SMOUT上にADDress特集ページを開設し、具体例も含め、全国住み放題の魅力を伝えている。都会の喧騒を忘れ、静かな環境での仕事や、地域のプロジェクトへの参加、ただただのんびりと過ごすなど、時間の使い方は自由だ。第1弾として、全7拠点(鎌倉、南伊豆、二子玉川、清川、別府、日南、京都)を掲載し、順次追加していく。

「好きな場所で、好きな時に暮らす」を目指す両社が、多拠点居住体験が移住へのきっかけや人口問題解決の糸口となるようサポートしてくれる。

ライフスタイルの多様化・自由化

平成29年度の国土交通省の調査で、三大都市圏に住む20 代の4人に1人が地方移住に関心があるという結果が出た。

現在6,000人いるSMOUTの登録者数のうち約30%が20代で、今年4月にサービスを始めたADDressも登録希望者数約2,000人のうち約60%が20代~30代である。

つまり、平成初期生まれの若い世代(ミレニアル世代)の意識は、家を所有するのではなく、利用するほうへと変わってきたということだろう。

ADDressは、定額を支払い、全国のADDress拠点に住み放題となる多拠点居住のシェアサービスを展開中。ライフプランに応じた生活拠点の 気軽な変更を可能にし、関係人口の増加による消費・地域活動を通した地域の価値を高めることにも貢献している。

SMOUTでは、いま話題の地域や移住促進に積極的な地域が参加し、自分たちの地域が求める人や地域の活動を掲載。相性の良さそうな人を移住スカウトしている。SMOUTにプロフィールを登録しておくと、マッチする情報を届けてくれる。

両社は、その人らしい暮らし方・働き方を選べるライフスタイルの実現を目指し、今回の提携に乗り出したのだ。

ADDress拠点無料でお試し滞在体験キャンペーン詳細

期間限定でSMOUT登録ユーザーは1人1回、ADDress拠点を無料でお試し滞在体験できるキャンペーンも開催中。

期間は、2019年9月15日(日)〜2019年12月14日(土)。ただし、第1弾から第6弾に分けて、予約可能期間がそれぞれに設けられている。ひとつの拠点での滞在日数は1日~3日までで、利用可能人数は1日1人となっている。

申請フォームに、滞在希望日と場所など必要事項を入力し申請すると、SMOUT公式アカウントから利用可否の連絡がある。利用可能な場合、ADDressより連絡があり必要事項を入力するのみ。

株式会社アドレス概要はこちら

カヤックLiving概要はこちら

平成初期生まれのミレニアル世代は、物心ついた時からインターネットが身近にあり、情報へのアンテナが広い。そんな彼らが、今ある暮らしの外にどんな暮らしがあるのかと興味を持つのは不思議なことではない。

今は、働き方も変わり、自由に拠点を変え、気の向くままに生きてみるのもいいだろう。行ったことのない土地には、広いネット世界ですら分からない感動や発見があるかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報