海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 世界初の商業宇宙旅行を来年に控えVirgin Galacticが管制スペースなどを公開

Enterprise

世界初の商業宇宙旅行を来年に控えVirgin Galacticが管制スペースなどを公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
リーチャード・ブランソン氏率いるVirginグループ傘下の宇宙旅行会社Virgin Galacticは、米国ニューメキシコ州に建設した宇宙旅行基地「スペースポート・アメリカ」の施設を公開した。

管制スペースや顧客が過ごすラウンジなどを備え、内装などもすでに完成している。同社によると、世界初の商業運用目的の宇宙港となり、初の商業宇宙旅行を2020年にも実施する見込みだ。

・1階はくつろげるスペース

建物は2階建てで、1階は「Gaia」と名付けられ、宇宙旅行を行う顧客やその家族がくつろげるスペースとなっている。名称にある通り、木材など自然素材を多用して地球をイメージしている。

宇宙旅行を楽しむ人は、ここから宇宙船に乗り込むことになる。

・2階に管制センター

建物の2階部分は管制センターとなり、「Cirrus」と名付けられている。飛行のオペレーションをここで全てコントロールし、ミッションの打ち合わせ部屋などもある。もちろん離発着が目視できるよう、オープンなつくりだ。

Virgin Galacticの宇宙旅行は、乗客が乗り込んだ子機SpaceShip Twoを母機が上空まで連れて行き、そこで子機がジェットエンジンを発射して単体で宇宙にいく。

つまりスペースポート・アメリカは母機と子機を収容する必要があるが、ハンガー部分は翼幅が約43メートルある母機を2機、そして子機5機が駐機できる広さとなっているとのこと。

同社はすでに宇宙旅行の予約を受け付けていて、順調にいけば2020年に初の商業宇宙旅行がスペースポート・アメリカから打ち上げられる見込みだ。

Virgin Galactic

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報