海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スタンフォード大学が肌に貼り付けて生体情報を収集できる「BodyNet」を開発

Tech

スタンフォード大学が肌に貼り付けて生体情報を収集できる「BodyNet」を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
病状や健康状態などをモニターするとき、心拍や呼吸のチェックは基本だ。そのモニターがシールをはるだけでできるようになるかもしれない。

スタンフォード大学は、肌に貼り付けるタイプのバイタルサインモニター「BodyNet」を開発した。伸縮するので肘や膝にも貼り付けが可能となっている。

・皮膚の伸び縮みを測定

シールは透明で、アレルギーを起こさない材料で作られていて、メタリックなインクでセンサーとRFIDアンテナが印刷されている。

センサーは皮膚の伸び縮みを測定して生体情報を得るようになっていて、その情報は無線アンテナで衣服にクリップでつけるRFIDリーダーに送られる仕組みだ。

・脈拍と呼吸をキャッチ

ラボで行われたテストでは、手首と腹部にシールを貼り付けたところ、脈拍と呼吸回数を正確に計測したという。ただし、現段階ではRFIDリーダーはシールの上部にくるように服に取り付ける必要がある。

その一方で、センサーにはバッテリーが搭載されておらず、RFIDリーダーから出る無線シグナルで電力を賄っているのは特筆すべき点だろう。

研究チームは最終的には、アンテナを埋め込んだファブリックでRFIDリーダーとなる“スマート衣服”を作りたい考え。これを活用することで、近くにあるコンピューターやスマホ、タブレットなどにBluetoothで情報を送信できるようになるという。

そして体温など追加の生体情報も収集できるようになれば、睡眠障害や心疾患を抱える人のモニターに活用できる、としている。

Stanford University

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報