海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 農業のSaaSシステム「AGRIOS生産性管理」に無料プランを含む新プラン登場

Tech

農業のSaaSシステム「AGRIOS生産性管理」に無料プランを含む新プラン登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
現在の農業において、高齢化や人材不足は深刻で、作業効率を上げることは経営改善へのひとつの方法である。

株式会社ファームオーエスは、農業経営の生産性向上と農産物のスムーズな流通を目標にSaaSシステム「AGRIOS生産性管理」を提供している。この度、従来のプランをリニューアルし、さらに新たに2つのプランを導入した。

農業の経営をサポートするSaaSシステム「AGRIOS生産性管理」

「AGRIOS生産性管理」は、農業の経営管理を支援するSaaSシステムで、農場の作業量データと各種実績を効率的に管理するプラットフォーム。農業生産法人 株式会社井出トマト農園代表の井出寿利氏がプロダクトオーナーとなり「農業の経営管理」のために作られたソフトウェアだ。

まだまだ紙を使ったアナログ管理が主流になっている農業だが、同サービスを活用することで作業工程や作業時間、収穫量などをデータで管理し、生産性を高めることができる。

そしてこの度、より手軽に農業生産者の方に利用してもらえるようプラン改正を行った。

新プランである「フリープラン」は、全ての機能を無料で利用でき、農園アカウント1つとスタッフアカウント2つまでの3名の登録と作型5個までが可能。「有料プラン」は従来のプランだが、この度初期費用が無料となった。

「働き方改革プラン」では、厚生労働省実施の「時間外労働等改善助成金(働き方改革支援コース)」や「時間外労働等改善助成金(職場意識改善コース)」等の助成金を活用できる。

株式会社ファームオーエスの展望

サービスを開発した井出氏は、自らの農業経験から「人が増えると効率が下がる」と感じ、効率を上げるためにどうすればよいかを考え、開発に着手。「農業のos」となるべく、「AGRIOS」と名付けた。

プランをリニューアルし、より多くのニーズに応えられるサービスに成長した「AGRIOS生産性管理」が広がり、農業の効率化が進んでいくことを期待する。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報