海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech イーロン・マスクが火星行き宇宙船「Starship」のプロトタイプを一部公開、テストフライトも間近!?

Tech

イーロン・マスクが火星行き宇宙船「Starship」のプロトタイプを一部公開、テストフライトも間近!?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Elon Musk via Twitter

SpaceXが100人単位でヒトを火星や月に連れていくつもりでいるのはご存じだろう。同社は、それを実現するための巨大宇宙船、Starshipのプロトタイプを開発中だ。

最近CEOのイーロン・マスク氏はTwitterにて、プロトタイプが初テストフライトを行う可能性をほのめかした。

Starshipは前澤友作氏とアーティストが搭乗予定のもので、初ミッションに向けて改良とテストが重ねられる。

・テストフライトに向けて建設中のプロトタイプを披露


実は、Starshipのプロトタイプは2機同時に開発が進められていて、これには社内競争を通じてよりミッションに適したものを作ろうとの意図がある。

それぞれシンプルにMk1、Mk2と呼ばれるが、先日マスク氏が、テキサス州ボカチカにて建設中のMk1の写真を披露。先に飛ぶのはこのMk1のほうになりそうだ。

マスク氏はTwitterにて、近々ボカチカにておこなわれるStarshipのデザイン変更発表会までには、ほとんど飛ぶ準備が整っていることを示している。

・Mk1はRaptorエンジン3基を搭載

Elon Musk viaTwitter

また、Mk1にはRaptorが3基搭載されているとのことだが、Raptorとは、先月、Starhopperを高度20mまで打ち上げてテストされた次世代エンジンだ。

最終的にStarshipには6基のRaptorが搭載され、Starshipの打ち上げロケット、Super Heavyには35基のRaptorが搭載される。

ちなみに、StarshipおよびSuper Heavyも現行のFalcon 9やFalcon Heavy、Dragonと同じく再利用可能とのこと。

SpaceXによると、Starshipは2021年の正式デビューを目指している。まずは、通信衛星を運ぶ可能性がある。人間を運ぶ初ミッションは2023年を計画。これには前澤友作氏とアーティストたちが乗ることになるだろう。

参照元:SpaceX's Mars-Colonizing 'Starship' Prototype Coming Together in Texas/Space.com
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報