海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 水を浄化するボトル「Mahaton Bottle」はセルフクリーニング機能付き!

Start Up

水を浄化するボトル「Mahaton Bottle」はセルフクリーニング機能付き!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
暑さが厳しいこの時期はもちろん、年中ウォーターボトルを持ち歩く人は多いだろう。

そしてボトルのリフィルでウォーターサーバーの水ならともかく、公園など公共の水道を利用する時、水質や匂いが気になる人もいるはず。浄化機能を搭載したボトル「Mahaton Bottle」はそんな人のためのものだ。

・NASA開発の技術

Mahatonは容量350ミリで、一見普通の水筒。しかし実は浄水機能を搭載している。UV-C LEDライトを使ってわずか90秒でボトル内の水を浄化する。開発元によると、バクテリアの99.9%を除去できるとのこと。

90秒でほぼ完全に殺菌できる、と聞くと懐疑的に思う人もいるかもしれないが、この技術は宇宙飛行士がピュアな水を飲めるよう、NASA(米国宇宙開発局)が最初に開発したのだという。

・ボトル内の殺菌も

浄水機能を持つものとしてポットなども市販されているが、Mahatonの場合、同じLEDライトでボトル内の殺菌も行える。つまり使用するたびに洗う必要がない。

また、Mahatonはフタの部分を充電する必要があるが、専用のチャージャーでワイヤレス充電できるようになっている。

Mahatonは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達を展開していて、出資額は39ドル(約4100円)〜となっている。すでに目標額は達成し、9月5日まで出資を受け付けたのち、すぐに発送が始まる見込みだ。

安心して飲める水を常に携帯していたい、という人はサイトをチェックしてみてはいかが。

Mahaton Bottle/Kickstarter
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報