海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 淡水化を再生可能で効率的に! 米大学チームが木からつくる膜を開発

Tech

淡水化を再生可能で効率的に! 米大学チームが木からつくる膜を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
清潔な水の確保は重要だ。しかし現在、塩水から純粋な水を蒸留するために使用されているほとんどの膜は、化石燃料に由来するポリマーでできている。そこで今回開発されたのが、淡水化を再生可能に効率的に行える、木からつくる膜だ。

・木材を化学的に処理

この膜は、アメリカのメリーランド大学とプリンストン大学、コロラド大学ボールダー校の研究チームが開発した。膜の外見は、漂白された白くて薄い木材のよう。

まず、木材を処理して、リグニンと木材の茶色く硬い部分、およびヘミセルロースを除去。その後、これをコンピュータチップ用のシリコン製造に使用される化合物であるシランで処理し、セルロースに織り込んだ。

・市販の膜より20%優れた性能

研究チームは、木材を化学的に処理して疎水性にすることで、水蒸気をより効率的に通過させることに成功した。この木質膜は非常に高い気孔率を持ち、水蒸気輸送を促進し、熱損失を防ぐ。研究者らは、この新しい膜が蒸留試験で市販の膜より20%優れた性能をもつと発表している。

メリーランド大学のスピンオフ企業であるInventwood社は現在、木材ベースのナノテクノロジーの商業化に取り組んでいる。今後のさらなる開発が期待される。

University of Maryland
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報