海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech SpaceXがFalcon 9によるライドシェアプログラムを発表! 小型衛星の打ち上げをリーズナブルに

Tech

SpaceXがFalcon 9によるライドシェアプログラムを発表! 小型衛星の打ち上げをリーズナブルに

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
民間宇宙開発がさかんになるにつれて、小型衛星の打ち上げのニーズが増大してきている。こうしたニーズを汲み取るべくSpaceXは、SmallSat Rideshareプログラムを発表した。同プログラムでは、事業者の小型衛星を運ぶためにFalcon 9を定期的にを打ち上げる。明朗会計でリーズナブルなのが特徴だ。

事業者は、150kg以下の小型衛星なら225万ドル(約2億4000万円)で託せる。そのほかプライシングについてもWebページにて公開済みだ。

・3回のミッションをすでに計画


SpaceXによるSmallSat Rideshareプログラムは、民間によるこの手のサービスのなかでは最安値とのこと。例えばRocketLabでは、150kg以下の積み荷で500万ドル(約5億3200万円)と2倍以上の価格設定だ。

また、予約制で定期打ち上げがあるのは強みで、ほかの積み荷との兼ね合いで重量オーバーになる事態が避けられる。開発が思うように進まず打ち上げに間に合わない可能性もあるが、その場合は再予約できるようだ。その際、再予約料金が追加で発生する可能性はあるが、サービスに対しての料金は無駄にならない。

現在、3回のミッションが計画されていて、最初のミッションは2020年11月~2021年3月、2番目のミッションは2022年第1四半期、3番目のミッションは2023年第1四半期となっている。

・小型衛星を太陽同期軌道に

いずれのミッションでもFalcon 9は、カリフォルニアのヴァンデンバーグ空軍基地内から発射し、小型衛星を太陽同期軌道(SSO)に送り届ける。

メニューを見ると、積み荷を接続する「ESPAポート」のサイズで料金が変わってくることがわかる。15インチ(約38cm)と24インチ(約61cm)のESPAポートがあり、それぞれの基本重量(150kg、300kg)が設けられている。基本重量を超過すると追加料金が発生するようだ。

また、打ち上げ直近の予約では料金は割増となる。

頻繁に商用フライトを成功させているSpaceXなだけに、Falcon 9の定期便は安定したサービスを提供してくれそうだ。

参照元:SpaceX announces Falcon 9 SmallSat Rideshare program with launches to start in 2020/TeslaRati
SpaceX
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報