海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 200種類の野菜を栽培できるスマート屋内温室をスイスの大学が開発

Start Up

200種類の野菜を栽培できるスマート屋内温室をスイスの大学が開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
食料確保は、私たち人類の大きな課題だ。そんななか、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の学生が、室内で野菜を誰でも簡単に育てられるスマート屋内温室を開発し、スタートアップCaulys社を設立した。

・ 200種類の野菜を栽培できる

Caulys社の目標は、都会人が新鮮な果物や野菜の生産者になるのを助け、都会に農業をもたらすこと。

消費者が農産物を自分で栽培することは、プラスチック包装や農薬を排除し、食品の長距離輸送で生じる炭素排出削減にもつながる。この新しい屋内温室はモジュール構成で、各システムには最大4つの棚があり、200種類の植物を育てられる。

センサーとLEDが光と温度と湿度を監視調整して、植物に最適な環境をつくりだし、閉ループ式灌漑システムが水の節約を可能にする。従来の栽培方法よりも水を最大95%節約できるのが特長だ。

・年内の市場投入を計画

使い方は簡単だ。プラグを差し込んで土壌ユニットを棚に置き、水タンクに水を入れて、その後、時々水を足すだけ。

研究チームはEPFL のカフェテリアに温室システムを18台設置して、大根やルッコラ、バジルなどのマイクログリーンを栽培した。結果は上々で、今後はレタスやハーブなどの小さな果物や野菜の栽培を計画している。

Caulysは年内の市場投入を目標としており、予定価格は4棚単位で約3,000スイスフラン(約32万6000円)。消費電力は2段ユニットでハロゲンランプ2個と同じ、年間840 kWhだ。

室内で野菜を簡単に育てられ、都会に農業をもたらす温室システム。今後の展開が注目される。

École polytechnique fédérale de Lausanne
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報