海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech リモート操作で犬とコミュニケーションできる振動触覚ベスト

Tech

リモート操作で犬とコミュニケーションできる振動触覚ベスト

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
捜索活動や介助など、さまざまな場面で活躍する犬。しかし、地震などの災害現場などで、指示する人の声が捜索犬に聞こえなかったり、介助を必要とする人が話せなかったりといった場合もある。

そこで今回開発されたのが、リモート操作で犬とコミュニケーションできる振動触覚ベストだ。

・ 遠隔の人と犬のコミュニケーションのための振動触覚ベスト

イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学は、7月に東京で開催された触覚に関する国際学会(World Haptics Conference)で、「遠隔の人と犬のコミュニケーションのための振動触覚ベスト」という論文を発表した。

研究チームは市販の犬用メッシュベストを改良して、背中と側面に4つの小型振動モーターを配置した。ワイヤレスリモートコントロールを介して、振動の場所と持続時間を制御することで、さまざまな命令を伝えられる。

そして、このベストを身に着けている間、命令に対応するように犬を訓練できる。

・捜索犬、軍用犬および介助犬プログラムに統合予定

この技術は、捜索や救助で活躍する犬へのリモートコマンドの配信、障害のある人の支援、およびその他の介助動物のアプリケーションに役立つ可能性を秘めている。

また、振動触覚ベストは、報酬システムを自動化する既存の犬訓練装置と共に使用できる。一般的行動、コマンドに対する反応性、および望ましい行動に対する犬の報酬の有効性を評価して、犬の訓練の可能性をさらに高められるという。

今後の研究では、さまざまな品種や年齢、トレーニング経験で振動触覚ベスト技術をテストし、より高度な機器を捜索犬、軍用犬および介助犬プログラムに統合していく予定。

Ben-Gurion University of the Negev
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報