海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 観葉植物をオンラインで注文し、産地から自宅へ直接配送してくれる「Bloomscape」

Start Up

観葉植物をオンラインで注文し、産地から自宅へ直接配送してくれる「Bloomscape」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
園芸業を営む両親の元で育った起業家のJustin Mast氏が2017年に米デトロイトで創設したBloomscape(ブルームスケープ)は、観葉植物に特化したDTC(消費者直販)ブランドだ。

園芸業で培った知識や経験を活かし、誰もが観葉植物をより便利に購入でき、手軽に楽しめるようなサービスを構築している。

・30種類以上の観葉植物を産地から自宅などに直接宅配

Bloomscapeの公式通販サイトでは、サボテンやアロエ、ヤシなど、30種類以上の観葉植物を販売。

好みや条件に合った観葉植物を選んで注文すると、1週間以内に、生産地から直接、自宅などの指定場所に配送される流れだ。

独自のパッケージ技術によって、温室で丈夫に育った観葉植物が、良好な状態のまま、ユーザーの元に届き、パッケージを開封して、居間などの設置場所に移動させるだけで、すぐに観葉植物を楽しむことができる。

また、Bloomscapeでは、観葉植物の選び方や育て方などを無料で相談できるオンラインサービス「Plant Mom」を運営。

40年以上、園芸業にたずさわってきたMast氏の母親のJoyceさんが、豊富な知識と経験から、適切なアドバイスをしてくれる。

・オンラインで消費者と直接つながるDTCブランドの広がり

Bloomscapeのほか、男性用カミソリブランド「Wet Shaving Club」や、高品質な食品・日用品を販売する「Public Goods」など、中間業者を排除してオンラインで消費者と直接つながり、高い利便性や独自の購買体験を提供するDTCブランドが様々な分野で広がってきた。

ユーザーに観葉植物の新しい買い方、楽しみ方を提供するBloomscapeは、これまで観葉植物に馴染みのなかったデジタルネイティブ世代からも人気を集めそうだ。(文 松岡由希子)

Bloomscape
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報