海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up フランス人発明家がホバーボード「Flyboard Air」で英仏海峡横断に成功!

Start Up

フランス人発明家がホバーボード「Flyboard Air」で英仏海峡横断に成功!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス人の発明家フランキー・ザパタさんが、2度目の挑戦でホバーボード「Flyboard Air」での英仏海峡横断に成功した。

直立した状態で自由に空を飛べるというFlyboard Airに乗り、長さ35キロの海峡を22分で横断した。

・1回目の試みは燃料補給に失敗

厳密にいうと、ザパタさんは海上で一度給油のために用意された船に着地して、燃料を補給している。ザパタさんは7月下旬にも同じ挑戦を行なっているが、その時は船のプラットフォームに数センチ届かずにそのまま海に落ち、失敗に終わっていた。

だが、今回は無事に船にたどり着き、背負っていた燃料を交換して再び空に飛び立ち、英仏海峡の横断を達成した。

・最高時速170キロに

Flyboard Airは5つの小型ジェットエンジンを搭載したベース部分や燃料を積んだバックパックのようなものから構成され、ザパタさんのツイッターによると、飛行時の速度は最高で時速170キロに達したという。

ヘリコプターなどに比べるとかなり軽装備でありながら、それなりのスピードで数十キロも飛べるというのはまさに新テクノロジーであり、海峡を渡る以外の用途も考えられる。実際、ザパタさんの発明には、フランス政府が軍用途を目的に出資も行なっているとのことで、将来的には上空からの偵察などに活用されることもあり得る。

横断達成後のザパタさんは「疲れた」と語っていて、少なくともこのホバーボードは今のところレジャー向けではないことは確かなようだ。

Franky Zapata/Twitter

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報