海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 世界初の電動ハイドロフォイルジェットスキー「WaveFlyer」を豪の産官学が開発中

Tech

世界初の電動ハイドロフォイルジェットスキー「WaveFlyer」を豪の産官学が開発中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジェットスキーとハイドロフォイルを組み合わせた乗り物の開発にオーストラリアの産官学が取り組んでいる。ジェットスキーのような形状ながら、水面から浮かび上がって走行する「WaveFlyer」だ。

開発元によると、この手の乗り物は世界初で、現在はプロトタイプの段階ながら商業展開がすでに視野に入っているようだ。

・水面下にプロペラ

大きさといい、シートにまたがって座るスタイルといい、WaveFlyerの外観はまさにジェットスキーだ。両手で握るハンドルもある。

しかし写真をよく見てもらえればお分かりの通り、走行中のWaveFlyerは水面から浮いていて、中央部分と尾翼部分から支柱のようなものが水面下に伸びている。

実は水面下にプロペラがあり、バッテリーでモーターを回転させることでプロペラが回って浮力と推進力を得ている。

・電動でCO2排出なし

わざわざこのデザインにしたのは、ハイドロフォイルだと波による衝撃・振動をなくすことができるから。また、電動なので環境にも優しい。ちなみに、プロトタイプでは2kWhのバッテリーパックで30分走行できるとのこと。

WaveFlyerは、西オーストラリア大学、パース市の再生可能エネルギー乗り物プロジェクト、電動飛行機開発のElectro Aero、公営鉱山会社Galaxy Resourcesが提携して開発。西オーストラリア大学のThomas Brauni教授は「商品として発売する可能性は大」と話しているが、予想価格などはまだ明らかになっていない。

Electro Nautic

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報