海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 貼り付けるだけで心拍や呼吸をモニターするワイヤレスデバイスを米大学が開発中

Tech

貼り付けるだけで心拍や呼吸をモニターするワイヤレスデバイスを米大学が開発中

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
病院に入院したことのある人、持病を抱えている人なら、脈拍や呼吸などバイタルサインを継続的にモニターする装置をつけたことがあるかもしれない。

指先などに小型の機器を付け、それがコードで大きな装置につながっている、というタイプが主流だ。しかしそれらは付けている人の動きを制限したり、付け心地がよくなかったりする。そこで米ジョージア工科大学の研究チームが開発しているのが、シールのように皮膚に貼り付けてモニターできるデバイスだ。

・シールのように貼るだけ

このデバイスは、柔らかいフィルムの上に、センサーや電極などがのっている。通常はサーキットボードがあるが、これをなくすことでフレキシブルになっている。

シールのように肌に貼り付けると、搭載するセンサーや電極で脈拍や呼吸、体の動きのデータを測定し、連携するスマホやタブレットなどに送信するという仕組み。

連携範囲は15メートル。ウォータープルーフなのでつけたままシャワーを浴びても大丈夫という。内蔵バッテリーで2週間ほど作動する。

・肌が弱い人でも使える

また、フィルムはアレルギーを引き起こすことのないタイプで、肌が弱い人や子供でも使える。

デバイスの現在のバージョンの大きさは76ミリ四方だが、商業展開する際には半分ほどのサイズになるとのこと。加えて、将来は体温や血中酸素濃度、血圧なども測定できるようにする見込み。

在宅でもこうしたウェアラブルで健康に関するデータを手軽にモニターできるようになれば、健康状態の変化を素早くキャッチでき、早期の受診につながりそうだ。

ジョージア工科大学

(文・Mizoguchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報