海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Enterprise 個人間楽器シェアリングサービス「atsumari」、出品されている全楽器が対象、業界初の補償制度導入!

Enterprise

個人間楽器シェアリングサービス「atsumari」、出品されている全楽器が対象、業界初の補償制度導入!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
楽器を個人間でシェアできる、個人間楽器シェアリングサービス「atsumari」というサービスをご存知だろうか。

昨今、モノを持たずにシェアするライフスタイルが浸透しつつあるが、楽器をシェアするという選択もできるようになった。運営する合同会社atsumariでは、2019年8月1日より出品されたすべての楽器に適用される、業界初の補償制度の提供を開始すると同時に、今後システムやサイトデザインを大幅にリニューアルしていくという。

・借りたい人、貸したい人、職人をつなぐ

「atsumari」は、高価な楽器をリーズナブルな価格でシェアできる、日本初の個人間楽器シェアリングサービス。

楽器を借りたい人は、気に入った楽器をリーズナブルな価格で気軽に使うことができるようになり、楽器の所有者は、タンスの肥やしと化している使わない楽器を利用して、副収入を得ることが可能になる。借りてみて気に入った場合、シェアリング後の購入の交渉もできるという。

また、楽器の職人にとっては、幅広い利用者のニーズや要望に触れる機会を得られるほか、自身の楽器をより多くのユーザーに体感してもらう機会を増やすことにもつながる。

・10月頃までにサイトを大幅リニューアル

これまでベータ版としてリリースされていた「atsumari」だが、利用ユーザーの声をもとに、システムやサイトデザインを大幅にリニューアル中だ。完了は2019年10月頃を予定しているという。

さらに、「atsumari」では、オールドヴァイオリン等のハイエンドな楽器を取り扱う「atsumari fine violins」も運営している。独自の仕入れルートを確立し、一般ユーザー向けに名器の販売も行っている。

気軽に楽器を始めたい人と、使っていない楽器を有効活用してほしい所有者、職人を結びつける「atsumari」。楽しい音楽の世界がさらに広がっていきそうだ。

atsumari
atsumari fine violins
PR TIMESリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報