海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Start Up 地域住民と地元の商店街をつなぐオランダのオンデマンド型買い物代行サービス

Start Up

地域住民と地元の商店街をつなぐオランダのオンデマンド型買い物代行サービス

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
オランダ発の「Hoody(フーディ)」は、地域住民と地元の小売店とをつなぐオンデマンド型買い物代行サービスだ。

現在、オランダ北西部ハールレムを対象エリアとして、食料品店や精肉店、チーズ専門店、パン屋、花屋など、20店舗以上の小売店が参加している。

・消費者に代わって地元の商店街を買い物してくれるオンデマンド型サービス

「Hoody」は、店舗を横断してワンストップで欲しい商品を探すことができ、複数の店舗で注文した商品をまとめて届けてくれるのが特徴。ユーザーに代わって、地元の商店街を巡り、必要なものを調達してくれるというわけだ。

専用スマホアプリもしくはウェブサイトから、青果物や精肉、鮮魚、チーズ、切り花、雑貨など、提携店が店舗で販売している商品を選び、オランダのオンライン決済サービス「iDeal」で決済して注文する仕組み。

ユーザーから受注すると、「Hoody」のスタッフが店舗に出向いて商品を受け取り、注文から1時間以内に、電動アシスト付きカーゴバイクでユーザーの指定場所へ配送する流れだ。ユーザーの希望に応じて、注文日の夕方以降に届けてもらうこともできる。

・地元密着型小売店へのアクセシビリティを高めるサービス

「Hoody」の事業化にあたって市場調査を行ったところ、とりわけ若い世代において、「地元の新鮮な食材や品質の高い商品を地元密着型の小売店から購入したいが、多忙で、営業時間内に買い物に行けない」という声が多く寄せられたという。

「Hoody」は、地元の小売店や商店街へのアクセシビリティを高めるオンデマンド型買い物代行サービスとして、オランダ内外で需要が見込まれている。(文 松岡由希子)

Hoody
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報